毎年の夏とは違いますね

鎌倉 由比ヶ浜海岸 材木座海岸

 

気温だけは夏ですが、夏らしい行事がないまま、夏が終わります。

 

アイスコーヒーばかりの注文でした。

 

これだけ暑いとホットコーヒーを飲んでいる場合ではないのでしょうね。

 

鎌倉は由比ヶ浜海岸や材木座海岸に海の家がなく、いつもと違った風景になりました。

 

どうなる事かと思いましたが、始まってみれば何となく過ぎていくものですね。

 

例年に比べれば人出は少ないですが、それでも海水浴の方々が沢山いらっしゃいました。

 

海の家がない分、海岸沿いの店舗は賑わっていたそうです。

 

夏は閉店時間に店の片づけに外に出ると、若宮大路を酔っぱらっていい気持ちになっている若者をよく見かけますが、今年はさすがにいませんね。

 

海の家がないだけで、今年は夜に人がいません。

 

改めて海の家の認知度と集客力の強さを感じる事が出来る夏でした。

 

考えてみれば、毎年新しい事を考えて店を建て、海、酒、期間限定と人を呼び込む

 

要件は揃っていますね。

 

ただ、超絶天気に左右される商売ではありますが。

 

早くコロナが収束して、来年は日本らしい夏を迎えられたらいいと本当に思います。